リブドッグ 賞味期限

リブドッグの賞味期限に注意!

人間が食べる食品には賞味期限や消費期限が存在しますが、ドッグフードも食べ物ですからもちろん賞味期限があります。

 

当然リブドッグにもあるのですが、どのくらいの間なら安心して与えられるのかはちゃんと把握していますか?詳しいことは公式サイトにも書いてありますが、リブドッグの賞味期限は製造から1年となっています。

 

大量生産ができないので基本的には製造してすぐに出荷されることになりますから、発送までの時間はありますが、それでもドッグフードが届いてからだいたい1年くらいは持つという計算にはなりますよ。

 

賞味期限が1年持つというのは、1年はそれなりの期間ですから一見すると安心できますが、これはあくまでも未開封の状態での賞味期限となります。

 

袋を開けてからの賞味期限ではありませんので、リブドッグを開けたのなら保存容器にしっかりと密閉保存しておいて、なるべく早く食べきるようにしましょう。

 

袋を開けてからの期限の目安は時期にもよりますが、だいたい1ヶ月以内には食べきるようにした方がいいです。愛犬の体重にもよりますが、仮に5kgの成犬の場合、毎日与えていたら2週間程度で使い切ることができるので、1ヶ月以内に食べきることは容易だと思いますよ。

 

ただ、旅行や出張などで外出している期間があったら開封後1ヶ月以上経ってしまうなんてことはあり得ますから注意が必要です。

賞味期限は1年でも…

リブドッグは未開封の状態だと賞味期限が1年となっていますが、開封後は1ヶ月以内に食べきるようにすることがおすすめされています。

 

ただ、未開封の状態の賞味期限が1年となっている場合でも、こちらに関してもできるだけ早めに食べさせた方がいいですよ。

 

というのも、ドッグフードの袋というのは完全な密閉状態ではなく、目には見えない無数の小さな穴が開いていてそこから空気に触れることになるのですね。

 

これは多少の温度差にも対応できるようにしているためで、大きな穴は開いていなくても完全密閉はされていません。

 

なので、未開封の状態でも少しずつ空気に触れているとうことになります。

 

空気に触れると酸化がすすむのでその期間が長ければ長いほど、リブドッグのフードの品質というのも徐々に下がっていってしまうのですね。

 

ですので、未開封の状態で1年保存できるとは言っても、可能な限り早めに与えてあげた方が愛犬の食いつきも良くなりますし、健康維持効果も期待できます。

 

フードを溜め込め過ぎないためにも、リブドッグの定期購入を上手に活用して、愛犬の食事ペースに合わせた発注をしていくとフードを大量に自宅で保存するということもなくなりますから、ぜひ定期利用をしてみてくださいね。

 

>>先着1000名限定特別価格!リブドッグ公式サイトはコチラリブドッグ公式サイト

page top