リブドッグ 原材料

リブドッグの原材料は安全なの?

ドッグフードを与えるときに心配になるのは「原材料の安全性は大丈夫なの?」ということ。

 

たまに雑誌などで『ドッグフードの原材料が危険!』などの見出しをした記事があったりしますが、そういった記事を確認してみるとどうやらミートミール(肉副産物)という本来なら捨ててしまうお肉や野菜などを使ってドッグフードを製造しているメーカーもあるみたいですね。

 

当然、品質の悪い素材を使ったご飯を食べてしまうと身体に害が発生してしまうことがありますし、それによって健康障害が起きてしまい、早死にしてしまうという状況になってしまうことも考えられます。

 

愛犬の健康を考えるのなら原材料が安心できるのかをしっかりと確認する必要があるでしょう。

 

リブドッグに関して言えば、原材料に関しては何も不安に感じることはないですよ。使用している素材はすべて国産100%となっていて、使用されている肉や野菜もヒューマングレードと呼ばれる人間が食べる食品と同じレベルの素材を使って製造しています。

 

なので、使用されている素材は高品質で安全性が高いものになっていますし、さらに言えば、製造している工場も厳しい基準をクリアした国内の工場で製造しているので安心して与えることができますよ。

添加物を使用していないのもポイント!

リブドッグに使用されている原材料はヒューマングレードで安全性が高いのはわかりましたが、ドッグフードの中には素材はヒューマングレードでもそれ以外のところで品質を下げているものもあります。

 

例えば、食いつきを良くするために香料を使ったり、保存期間を伸ばすために保存料を使っていたり、添加物を使用することで品質を下げてしまっているフードもあるのですね。

 

ですが、リブドッグは香料や着色料、保存料などの添加物を一切使用していません。なので、添加物によって品質を下げているということはありません。

 

 

ところで、添加物を使用していないというのは安全性が高いのと引き換えに食いつきが悪くなってしまうというデメリットも生じてしまうことがあります。嗅覚が優れている犬にとっては魅力的なニオイがするフードの方が食いつきは良くなりますからね。

 

けれども、リブドッグに関して言えば素材の力で美味しそうな香りを引き立てることができます。リブドッグに使用されている鰹節によって嗅覚を刺激して天然の素材でも食いつきを良くする工夫がされています。

 

また、保存に関しても天然由来のビタミンやローズマリーから抽出した酸化防止剤を使用することで、可能な限り保存期間を伸ばすことに成功しているのですね。

 

なので、リブドッグは添加物を使用していなくても食いつきや保存を良くすることができていますよ。

 

リブドッグは非常に安全性の高いドッグフードということが言えるでしょう。

 

>>リブドッグが今だけ特別価格で買える!リブドッグ公式サイト

page top